×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メタリカ、「キル・ビル」への楽曲提供を断ったことを後悔:THE BIG FOUR(スラッシュメタル四天王)来日祈願非公式サイト

big4
Anthrax, Megadeth, Metallica, Slayer... Big Four来日公演を祈願した非公式サイト。

HOME  >  関連トピック > メタリカ、「キル・ビル」への楽曲提供を断ったことを後悔

メタリカ、「キル・ビル」への楽曲提供を断ったことを後悔

メタリカのラーズ・ウルリッヒが、クエンティン・タランティーノからのオファーを断っていたことを明かした。

ラーズは米「Newsweek」誌にて、タランティーノから映画「キル・ビル」への楽曲提供を打診されていた件について言及。タランティーノからディナーの誘いを受けたラーズは、その席でメタリカの“Enter Sandman”と“Sad But True”を使った2つの格闘シーンの内容がどういうものになるか事細かに説明されたという。

当初は乗り気だったラーズだが、その後届けられた180ページにおよぶ脚本を読み進めるうちに、自分の理解を超えた言葉やアジアの格闘技が描かれたストーリーに困惑するようになったとのこと。最終的にタランティーノに連絡を入れず、オファーを断る形になったそうだ。この判断について、彼は次のように述べている。

「俺がクリエイティヴな分野でやらかした最大の間違いだろうね。もちろん「キル・ビル」は素晴らしい映画に仕上がった。それ以降の彼の映画と同様にね。それらの映画は、2000年代の俺の人生において重要な位置を占めているんだ」。

OOPS!

関連記事
メタリカとルー・リードのコラボ・アルバム、ロンドンの地下鉄で禁止に
メタリカ、12月に“結成30周年コンサート”を計画
メタリカとルー・リード、“理想的な結婚”コラボ・アルバムを制作
メタリカ、新作完成。アルバムにルー・リードが参加
メタリカ&ルー・リード、コラボ・アルバムの詳細を発表
ルー・リード、メタリカを泣かせる
メタリカのジェイムス・ヘットフィールド「ルー・リードと演るっていったい何が起きるんだ?って感じだった」
メタリカのカーク・ハメット、ルー・リードについて「魂の血縁者」と語る
レディー・ガガ&メタリカ、F1インドGPでコンサート 山本左近もDJとして登場