×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メタリカ、新作は1991年の『ブラック・アルバム』をよりヘヴィーにしたものと語る:THE BIG FOUR(スラッシュメタル四天王)来日祈願非公式サイト

big4
Anthrax, Megadeth, Metallica, Slayer... Big Four来日公演を祈願した非公式サイト。

HOME  >  関連トピック > 2012年 > メタリカ、新作は1991年の『ブラック・アルバム』をよりヘヴィーにしたものと語る

メタリカ、新作は1991年の『ブラック・アルバム』をよりヘヴィーにしたものと語る

現在、2008年の『デス・マグネティック』に続く新作を制作しているというメタリカは、新作は傑作として知られ『ブラック・アルバム』と呼ばれることの多い1991年の『メタリカ』のさらにヘヴィーなヴァージョンになると語っている。

ギターのカーク・ハメットは新作用に作曲しているトラックがよりグルーヴ主体のものになっていることをローリング・ストーン誌に語っている。

「『デス・マグネティック』が『メタル・ジャスティス』の論理的に発展させたような作品だったとしたら、今度の新作は『ブラック・アルバム』をさらにヘヴィーにしたような作品だといえるんだ。だから今回は『デス・マグネティック』でやったような複雑さの深淵みたいなものはやってないんだよ。今やってるものはグルーヴ主体のもので、90年代初期にやってたことをもっとヘヴィーにしたものなんだ」

また、ドラムのラーズ・ウルリッヒは新作の楽曲がより短く的を得たものになるとも語っている。

「俺たちの昔の楽曲っていうと、みんなすぐに『メタル・ジャスティス』のことを考えるんだけど、このアルバムでも“ハーヴェスター・オブ・ソロー”なんかはかなりシンプルな5分間の曲だったりするんだよ。それと“フューエル”なんかも短くてライヴでの盛り上がりはとてつもなかったりするからね。だから、今の俺の指向はもっとシンプルに、的を得たものへっていうふうになってるんだよ」

また、バンドは今年の夏にかけてダウンロード・フェスティヴァルへの出演のほか、ヨーロッパを大々的にツアーすることを発表していて、バンドのマネージャーであるクリフ・バースタインはユーロ安の現状はバンドにとっての好機だと語っている。

RO69.jp


関連記事
メタリカとルー・リードのコラボ・アルバム、ロンドンの地下鉄で禁止に
メタリカ、12月に“結成30周年コンサート”を計画
メタリカとルー・リード、“理想的な結婚”コラボ・アルバムを制作
メタリカ、新作完成。アルバムにルー・リードが参加
メタリカ&ルー・リード、コラボ・アルバムの詳細を発表
ルー・リード、メタリカを泣かせる
メタリカのジェイムス・ヘットフィールド「ルー・リードと演るっていったい何が起きるんだ?って感じだった」
メタリカのカーク・ハメット、ルー・リードについて「魂の血縁者」と語る